belezza

e0071409_0782.jpg

買って来た化粧品は全部ウチ用。
クラランスのサロン用サイズのポリッシャー(ゴマージュ、スクラブ)。
余分な角質をオウチで取るため。帰国後と出発前は必ずコリアンエステにてしっかりアカスリ。
でもその間、スクラブによる血行促進も兼ねてこのクラランスのポリッシャーでもケア。
ひじとかかかと、足の裏が靴ずれとかで厚くなっててはオンナとしてどうなの?
MiCETTAもROMAの石畳を歩く毎日で足の裏が厚くなってしまったけど
ROMAでは足裏用角質削ぎ取りカッターと足裏ヤスリでしょっちゅうケア。
寝る前もクリームをたくさん塗って、石畳によるタコ、靴連れ予防対策に、
足には必ずテーピングの毎日。ROMAの石畳は侮れない。
帰国後、2回フットサロンへ2週続けて通ってプロの手を拝借。
また出国前に寄る予定。
足の先、足の指さえ見て褒めるイタリア人。侮れない。
先日、イタリア人に「hai belle gambe!Caspita i tuoi piedi sono bellisimi e piccoli,mamma sono da dio!(綺麗な足(スネのこと)、うわ、それに足がすごい綺麗だし、ちっちゃい足だ,すごい!)Tu sei curata fino ai piedi!(足の先まで手入れされてるね!)certamente lo smarto e' anche perfetto sui piedi!(もちろんマニュキュアもパーフェクトだ!)Ma che mizura porti?(っていうか足何センチ?)」
「Porto il 34 e mezzo ma visto che nn c'e sempre quello potrei portare anche 35.!(22.5cmだよ,でも22.5なかなかないから、23でも履けるけどね)」
足まで見てるイタリア人、さすが美醜にうるさいイタリア人。
イタリア人は日本では失礼なくらい人を見る。露骨に。
男も女も舐め回すように上から下まで、そこには色恋だけでなく興味シンシンで見られずにはいられない主義だから。好奇心が強い。
そんなところにいると見られることが当たり前になってく。見られることは最高のエステだね。
で、ボディ用にクラランスの化粧水(表皮の保湿)、ダブルセーラムG6で真皮層までとどく保湿。
で、クラランスのクリームで水分蒸発しないようにラップ。フェイス用はボディより浸透がいいから保湿力も高いの。もったいないけど、日本もイタリアもボディエステは高すぎだから、ホームエステ。
e0071409_0335513.jpg

矯正中でも使える便利なティースホワイトニングシール。
アメリカンドラマの「恋するアンカーウーマン」でチャーリーが箱買いしてるタイプ。
シールでピピっとホワイトニング。
あと高濃度フッ素ムースを歯医者の友達Fablizzioに頼んでオーダー。サロン用で日本では買えなかった。
e0071409_0375947.jpg

歯並びと歯の色はイタリア人も気にしてるみたい。
今回、親知らずとか矯正の話で盛り上がった。
イタリア人の歯の関心度が高いと知ってちょっと嬉しかった。
e0071409_0403130.jpg

e0071409_0404939.jpg

l'odore incantevole(うっとりするような香り)なシャワージェル。
イタリアで確か38euroくらい?日本で5000円くらいだった。
この香りすごくすごく好きすぎてたまらない!
甘くて上品で、今までイチバン好きなボディソープ。
洗い心地とか保湿力とかじゃなくて単純に香りに魅了された。

by il-diamante | 2009-06-27 00:47 | Belleza-Beauty

<< クレドポー BAR >>