タグ:2007 march ( 7 ) タグの人気記事

ビーチハウス

e0071409_15285881.jpg

e0071409_15291020.jpg

e0071409_15292279.jpg

クラブアットザレギャンに泊まっていた時に、ビーチハウス見学を
○日、○時に見せてねとお願い、了承を得たので、見てきた。
レギャンの立地もこの、芝生を歩くのも気持ちいい。
どうもビルディングなのと、クラブのうっとり感に負けて
The Legianにはこなかったんだけど、この芝生もいい感じ。
e0071409_15344231.jpg

e0071409_15345666.jpg

e0071409_15351462.jpg

e0071409_15352722.jpg

さすが1泊2000ドル越え、大きなプライベートプール。
e0071409_1536141.jpg

e0071409_15363033.jpg

いろんなところに石像。
e0071409_15405595.jpg

2Fにもちょっとしたスペース。
e0071409_1552385.jpg

e0071409_15525734.jpg

e0071409_15532137.jpg

海がお風呂に入りながら見れる。
e0071409_1554172.jpg

e0071409_15543181.jpg

e0071409_15544857.jpg

海という景色、立地がお部屋代に反映されてる感じ。
インテリア・エクステリアとかはうーーん、MiCETTAはクラブの
ロマンチックなダークさ(ビーチハウスは太陽ガンガンでさわやか)
インテリア・エクステリアの色の方が好き。
でもさすが、かなり広かった。
以上ビーチハウス@The Legian。

by il-diamante | 2008-02-18 21:13 | Viaggio-Travel

2007年3月28日Sentosa Private Villas & Spa

ついにこの旅行も最終日。
今日は早めに起きたのでさくっと掃除隊を呼んだ。
セントーサの掃除はチームでやってきて、
最後に掃除隊長のがチェックまであるの。
もし掃除を頼んだ時間に他のヴィラ掃除中で
来れないとかだと掃除隊の隊長が「○時に伺います」とか
きちんとしてるのよ。
e0071409_0393467.jpg

ヴィラで毎日朝食だったけど、最終日はレストランで。
ここも鏡だらけけ。朝は特に目が細いことよりも
なんちゃって後ろの髪がぼさーっとなってることや
姿勢が悪いのがしっかり鏡に写っちゃう。
ここはどこも鏡張りでオシャレ、その分はっと
自分の悲しい姿を目撃することになるのよーーー。
e0071409_14151655.jpg

朝食オーダー中のくるたん。(しれーっとしてる)
後ろにたくさんいるKップルが本当にダサい格好。
一応公の場なんだから、他のゲストやホテルにも失礼でしょ、
というパジャマと見まごう格好でダラダラ、(英語で)挨拶しても(英語だからか?)
顔を反らすし。
で、どんな格好だったかというと、くるたん曰く
男のTシャツにはハートの半分、そして半分のハートの中には口を突き出した男の絵。
女のTシャツにはハートの半分、そして半分のハートの中には口を突き出した女の絵。
二人がピッタリ寄り添うとハートの中にキスする男女がいるというわけ。
数あるTシャツの中からなぜこのTシャツを選んだのか・・・?
ってか、ピッタリ寄り添っていたのでTシャツの男女はキスしてた。

らしい。
e0071409_14334127.jpg

パジャマで出てこられるのもいやだけど挨拶しても
(聞こえてるのに、聞こえたから)顔を反らすのが
すんごイヤ。
韓国人のゲストは揃いも揃って、土・日にやってきて、火・水に帰国するらしく
殆どが3泊らしい。
韓国の人の旅行者が今増えつつあるインドネシアで
このクロボカンヴィラ密集地では曜日限定パッケージを
出しているヴィラは韓国人に狙いを絞ったヴィラとも言える。
例えば水曜日チェックインの金・土曜日チェックアウトとか
パッケージを打ち出してるヴィラには
この恐怖の公共の場でもパジャマ軍団と遭遇する。
あたしはそういうのダメなのよー。
ここはそういうキャンペーンを出してないのだけど
朝食時だけはいっぱいいた。
それ以外では敷地内で寝間着な人はほとんど見なかった。
夜も見なかったし、朝だけいるの。ナゼ?
韓国本国で旅行して会う人はきちんとした格好してるし、
挨拶しても軽く頷いたりしてるのにどうして南国では違っちゃうのかな?
e0071409_1436563.jpg

朝食のタイ料理にはナンプラーなど薬味もあって美味しい。
e0071409_1438141.jpg

e0071409_14381937.jpg

今日はタイの麺、くるたんが始めの日に食べてたのにした。
e0071409_14398100.jpg

くるたんは焼き飯。
e0071409_14402520.jpg

テーブルの上の花をひとつとってもおしゃれ。
e0071409_1441219.jpg

sentosaはやっぱりオシャレで、かっこいい。
e0071409_1442441.jpg

e0071409_1451642.jpg

朝食後はレストランの隣のSPAへおみやげ買いに。
おねーたんにジンジャーローションを買った。
e0071409_1445536.jpg

e0071409_14452783.jpg

e0071409_14454415.jpg

相変わらずオシャレ♡
ということでレイトチェックアウト6時までだから
今日は5時から90分マッサージをここで予約。
くるたん絶賛のセラピスト指名で。
e0071409_14514672.jpg

e0071409_14521930.jpg

e0071409_14531766.jpg

写真撮ってからフラフラーっとレセプションでバギーをお願いしたら
白人のオジサンさんが近づいて来た。
e0071409_14545127.jpg

ここのビックボス、トップオーナーらしいサクソン氏。
日本を意識してデザインしたと言っていた。
もっと日本人にも泊まってもらいたいetc
なかなか気さくないい人でした。
サクソンの嫁だかは知らないけどオーナー婦人と
聞いた(各ヴィラオーナー制)白人オンナは
SPA担当らしくいたけど挨拶してもムシ。
目も合わせなかったシレーっとしたツンツク嫁
だったからサクソンの嫁だったらびっくり。
ちなみにGMかなんかも白人。
夜は忙しければウェイターになり働き者。
この後バックオフィスでインターネットさせてもらった。
(E-チケットなくしたから。1h5万++)
その時のこのGMもちょっと感じワルー。
e0071409_1534036.jpg

最後にお部屋でダラダラしたり写真を取ったり。
e0071409_1542148.jpg

e0071409_1543433.jpg

ここセントーサって結構セキュリティーも厳しく
しかもただのビジター(レストランやスパでなく見学のみ)
にはこんなの持たされるっていうか首に掛けさせられるらしい。
このビジターカードはレオンが持っていた。
しかも見学者には見学用のshow villaがあり、もちろん撮影不可。
必死の荷物と格闘を終え、なんとか帰る準備。
e0071409_15182048.jpg

SPAに行く前は公共の場を横切ってもひんしゅくにならない程度の
ラクチン格好、しかもオイルを浸透させるために基本、オイルは流さない。
オイルがついちゃっても平気な格好へお着替え。
ちょっと格好がダサイから髪型とヒールでダルダル感を少なくしたい。
e0071409_15212989.jpg

そんなワケで夜のスパへ。担当はオベロイで10年働いてた凄腕ヤニックさん。
この後、クルたんはBODY SPAヘ、お互い別行動。
搭乗前に待ち合わせをしたけれど、MiCETTAは2階席、
くるたん、ともたんファミリー(ここでまた会えた)は
一階席でしばらくお別れ。
が、MiCETTA機内で相当具合悪く、離陸しても
降りられなくて最後の人になってしまった。
そのため、入り口で相当くるたんをまたせてしまった。
ごめんね。
というわけで楽しかった3月旅行も突貫工事のように仕上げおしまい。
って2007年3月の旅行記だけど。
また行こうね、くるたん。

by il-diamante | 2008-02-18 21:12 | Viaggio-Travel

夜のSentosa Private Villas & Spa

e0071409_094840.jpg

e0071409_0102662.jpg

e0071409_010399.jpg

e0071409_0105050.jpg

夜のリヴィング〜。
e0071409_011589.jpg

e0071409_0114815.jpg

e0071409_012017.jpg

e0071409_0121765.jpg

e0071409_0123245.jpg

e0071409_0124457.jpg

夜のアウトサイド〜。


変なおまけ

by il-diamante | 2008-02-17 00:14

2007年3月27日Sentosa Private Villas & Spa

e0071409_0531319.jpg

e0071409_0532699.jpg

今日はくるたんが体調不良。
ふたりして病人に優しそうなタイおかゆ。
e0071409_0544084.jpg

アイスミルクティとスクイーズドパイナップルジュース。
搾ったのはパイナップルが好き。
e0071409_0563152.jpg

すぐには食べないからラップしたまんまにして冷蔵庫入れた。
クルたん曰く、このタイおかゆは冷めてる方が美味しいらしい。
あったかいうちに食べてないのでわからないけど、味は好き。
e0071409_10548.jpg

e0071409_103297.jpg

こんな調子で具合悪い人、くるたん。可愛そう。
e0071409_2143944.jpg

ネズミ年に控えミミたんを写真に収めるクルたん。
それを後ろから見てるにゃぎぃとプッ子。
e0071409_21442979.jpg

ゾウさんにのるミミたん。
sentosaはちょっとしたものもザッツお金かかってます!みたいな。
安物は置きません!みたいなものばかり。
e0071409_214556100.jpg

キリンさんもいるし、ともたんがくれた蘭の花も入れてパチリ。
e0071409_21471687.jpg

にゃぎぃも「ミミたんばっかりズルイ!」と入って来た。
e0071409_2148097.jpg

最後はみんなでゾウさんに乗ってた。
e0071409_21492638.jpg

e0071409_2149545.jpg

e0071409_21501159.jpg

e0071409_2150315.jpg

小腹がすいたクルたんとパブリックプール周辺にあるBlossamへ。
e0071409_21485942.jpg

「なんかオリジナルカクテルでココナッツ系、しつこい系で、お酒濃ゆいのね。お酒代アディッショナルチャージしてもいいから濃ゆくお願いね」と念押し中のMiCETTA。
e0071409_21542448.jpg

サーモンサンドかなんかにビールのクルたん(あれ?具合悪くなかった?)
風邪ウイルスをアルコール殺菌してるんだって。
e0071409_21592792.jpg

自分は食べ物オーダーしなかったのにクルたんの撮らせてもらった。
e0071409_2211895.jpg

その写真はこれ。美味しそう。
e0071409_2223351.jpg

e0071409_22105292.jpg

上は自分ちのように椅子も横座り。この体勢楽チン。
素で笑ってるとこが激写されてた(↓下)。
この写真は自分らしくて好き。
クルたんはこんな素敵な写真も撮ってくれてた。
e0071409_22142964.jpg

おしゃれな空間でバカンス〜。幸せだにゃー。
e0071409_2233461.jpg

e0071409_2243823.jpg

e0071409_225142.jpg

e0071409_2252233.jpg

飲んだらトイレに行きたくなる。
ここトイレ。トイレもいい雰囲気。
たかだかトイレなのに素敵。かっこいい。
ソープ入れもアロマも革製のティッシュボックスも
貝殻っぽい材質のソープディシュも花瓶もいちいち素敵☆
e0071409_227836.jpg

昼間のBARも素敵☆
ここのパブリックエリア大好き♡
e0071409_228997.jpg

おおー、天気も大変よろし。
e0071409_2285086.jpg

プールっていうよりは露天風呂みたいな?

続き、MiCETTA写真ばっか。

by il-diamante | 2008-02-16 23:58 | Viaggio-Travel

2007年3月22日

サヌール3日目。
今日もいいお天気。
e0071409_18201767.jpg

e0071409_18204650.jpg

e0071409_1821598.jpg

今日は早めにグッドマッサージで足つぼしてもらった。
写真がなくなっちゃったから掲載出来ないけど。
警察への道のりを聞いて今日は警察へ。
e0071409_18243427.jpg

ニュピので終わったやつ、ビミョーだ。初めて肉眼で見た。
e0071409_15342065.jpg

今日はニュピの前日から行方不明なキッドブルーのパジャマのズボンが見つからないので警察へ届け出を出しに。バリの警察は初めて。
英語が通じませーーーん。この警察の人はいい人だった。
警察で借りたトイレはザッツインドネシアで最高に汚かった、ありえなーーーい。
警察にいたインドネシア人(といっても何かの用で来ている一般人)が通訳してくれ無事に終了。
e0071409_15532111.jpg

警察ノートのねずみ腰の入り具合がナイスな絵。おもしろい。
この警察さんが書類を渡してくれたら、今度は通訳してくれた
一般人はなんだか分からないけどお金を請求してきた。
ポリスで払うことになっていると言うから
「うんわかった。払うから警察の受領書はきちんとちょうだいね」
と言うとその人はそれは無理という。
だんだんわからなくなった。
でもいくらでも払うからさ、受領書がないと困ると言い続けたら、
じゃ、いいよ。だって。その間警察の人は別の部屋へ行ってるし。
なんだったんだ?
e0071409_15545344.jpg

昨日あまりにも美味しかったのでまたマックベンへ。
昨日は立って待って、座って待ってだったから退屈しないように本持って行った。
相変わらず込んでたけど、立って列を作ってるほどでもなく
座ってからは連チャンだったから覚えていてくれたみたいで
MiCETTAより先にまっていた人たちをすっとばして笑顔でゴハンが来た。
こういう時日本人的には申し訳ない気がするけど、インドネシア人は誰も
「俺のが先待ってたんだ」とか言わないしそういう視線とかないのね。
というか順番なんて無関心みたい。
e0071409_15581145.jpg

そんなことより、並んでる時から東洋人が珍しいのか相当ジロジロ見られてる。
男の人も女の人も。2日間インドネシア人以外の外国人はMiCETTAダケだったから
珍しくてたまらなかったみたい。
マックベン今日も本当に美味しかった♡
ごちそうさま。
e0071409_160672.jpg

そこからまた歩いて(ていうか歩きたくないけど)セリーンとこへ。
シャワー浴びさせてもらって(こkまでの徒歩で汗だくだから)
マリアによるマッサージ1H30M。MY持ち込みのCLARINSで。
それから今日もクリームバスとマニュキュワ&ペディ。
e0071409_163487.jpg

持ち込みのキューティクルニッパーやキューティクルプッシャーでやってもらう。
ついこの間MAYA LOKAHで自分でキャーティクルカットしたばかりなのにもう伸びてるのね。
ここ、きちんとやってくれるから、クリームバスしてブローしてても手足は終わらない。
それくらいきっちりやってくれる。
もちろんスネとか足のスクラブも手のマッサージもついててしかも安い!
とことんこの美容院が潰れたのは痛い。
e0071409_167353.jpg

なかなか腕のいい美容師セリーンと。
お昼ころ美容院に入るけど、マッサージ、クリームバス、セット、マニュキュワすると7時くらい(閉店時間)になっちゃうの。
どっぷり美容院にいる感じ。
e0071409_1683150.jpg

マニュキュワガールズ、いい子達。
この日はどこで何を食べたか写真もないし、覚えてないからこの日はこれで終わり。

by il-diamante | 2008-01-19 18:17 | Viaggio-Travel

2007年3月23日 the Club at the Legian CI

サヌールを後にしたMiCETTAが向かう先はクラブくん。
またあなたに会えて嬉しいわぁ♡
e0071409_17365576.jpg

クラブラウンジでウェルカムドリンクもらってチェックイン。
ジュースじゃなくてお酒が飲みたい♡
e0071409_17404838.jpg

e0071409_17403511.jpg

クラブラウンジのおトイレ借りる。
トイレもクラブって感じ。
バトラーは前回と同じTinちゃん。
お世話になります、よろしくね。
e0071409_17431997.jpg

e0071409_17464578.jpg

e0071409_17465843.jpg

相変わらずうっとり空間。
e0071409_1752298.jpg

e0071409_17524529.jpg

早速ワインとミルクティーをお願いします。
贅沢で幸せな時間だわ。
e0071409_17483086.jpg

e0071409_17492842.jpg

e0071409_17495086.jpg

e0071409_20335295.jpg

ホント、相変わらず高級感あふれてて素敵!
続く

by il-diamante | 2008-01-19 18:17 | Viaggio-Travel

2007年3月21日

e0071409_1431168.jpg

今回のサヌールで絶対食べたかったもの。
それは海近くのマックベン。
だって美食家だし、美味しいって言ってたは美味しかったmasuさんふらにーさんが太鼓判押してて、おすすめしてくれたからどうしても行きたかったの。
とっても小さい店でちょっと見付ずらかったけど、お店を発見。
ここはかつて、ハイアットから海を散歩して分からなくなって
ホテルの車を待ってたお店の前だ。ここがそうだったとは。
e0071409_14391239.jpg

インドネシア人率100%。東洋人はMiCTTAだけ。
白人さんももちろんいない。
しかも激混みで列に並んで座るまで20分くらい待った。
e0071409_1440222.jpg

メニューは1種類だけだったけどオーダーが取れない。
英語も通じない。こっちはインドネシア語なんて「ありがとう」しか分からない。
隣に座った人が見かねて助けてくれた。そして飲み物頼む。ありがとーーー。
e0071409_14424872.jpg

やっと頼めたアイスティー、すっごく甘い。
このありえない甘さが美味しい〜。
e0071409_14445723.jpg

お店は相席、しかも足下にはバリケンでなく猫が数匹。
どの子もちょっと汚く、目とか病気でかわいそう。
しかも痩せてて。おこぼれもらえないのかな?
後でおこぼれあげよう。
e0071409_1446307.jpg

ついに来たーーー!
これを待ってたの!
e0071409_1447153.jpg

ついてくるサンバルが激ウマで激辛。
しっかりサンバルを全部塗って食べる。
こりゃウマイ!
待った甲斐ある、美味しい。美味しすぎ!
e0071409_14483658.jpg

このスープ、いやーありえないくらい美味しい。
魚のアラが入ってて、しかもスパイシー。
きゅうりがほっとする美味しさ。
このままで美味しい、サンバル入れても美味しい。
もうヤバイ美味しさ。ありえーん。
masuさん、ふらにーさんありがとうです。
e0071409_14503548.jpg

そこから歩いてセリーンの美容院へ。
しかもマックベンから涼しければ歩ける。
徒歩5−8分。が、あつい。
しかもマックベンのところはパーキングになってるからタクシーは入れない。
パーキングを出ると美容院まですぐそこ。その距離がつらいけどタクシーには乗れない。というかそれでも乗りたいけど乗せてもらえない。この暑い中、ホントしんどい!
シャワーを浴びさせてもらって、上の階でボディマッサージ1H30M。
結局お金を持ち逃げして美容院を潰したマリアが担当してくれてたんだけど
マリアはマッサージ上手かったなぁ。
それから下がって来てセリーンによるクリームバスときちんと巻いてもらうセット。
e0071409_14551448.jpg

ついでに足つぼもお願いしてみる。
でもグッドマッサージの方が上手かな。
e0071409_14571469.jpg

きちんとブローしてから巻いてくれるから髪がツヤツヤになるの。
こういうきちんとしてるとこって今まで、クタで2軒、このサヌール、
スミで1件しか見つけられてない。
このサヌールがイチバン優秀だったからレオンがミャンマー出稼ぎな今
きちんとした美容院探しが今の課題。
髪が長くて多いMiCETTAには大きな問題。
e0071409_150305.jpg

ちなみにマッサージには持ち込みCLARINS、髪にはロレアルの傑作、分子レベルで髪を補修のセリエシリーズを持ち込み。もちろん美容院専売品。
セリエシリーズからアブソルートリペア メガサプライもこっそり日本でゲットしたから。
話変わって、セリーンとこはこのセリエシリーズたくさんおいてあって、
よくバリの美容院ってロレアルです!っていうとこのってヘッドスパっていう安い水色のでやってるんだけど、ちゃんとアブソルート、リスエクストリーム、パワーケアカラーとかも売ってて、しかもメガサプライとかもあって驚き。
しかもなぜか後ろのラベルは日本語。
ここまで揃ってる美容院そうそうなかった。
ま、ちなみにセリエマスクは50万Rp、水色のよくその辺のサロンにあるのは12万Rpで売っていた。
この中でかなりの時間を過ごした。
e0071409_15301119.jpg

セリーンとこを後にして、向かった先はグッドマッサージ。
もちろんマイケル氏でお願い。
やっぱここでしっかり足つぼしてもらわないと。
美容院のはイマイチだったから。
やっぱりグッドマッサージが痛気持ちくていい!
e0071409_15304021.jpg

この格好でマックベンも行ちゃったよ。浮いてたから〜。
さくっと帰って、余ってるリーガルカレー食べた。
大好きなたいちょが来るのを待つ。
今日彼女はバリへ入るのでサヌールで一緒に泊まればお話出来るから。
その様子はここにちょびっとだけあった。
たいちょ、今度はもっとゆっくり遊びたい。
もっと時間作ってえぇーーー!
ということでサヌール2日目は夜遅くまで喋って終わった。
おやすみにゃー。

by il-diamante | 2008-01-19 18:16 | Viaggio-Travel