タグ:Asia ( 192 ) タグの人気記事

Alila Sooriの夜

e0071409_2133446.jpg

部屋の前から見た夕焼け、雲があったから海へまんまるに落ちるサンセットは見れなかったけど、
雲があるとその後の色が綺麗。
e0071409_2136833.jpg

2階建ての建物で、1階と2階は入り口で別れる形式。
e0071409_21372153.jpg

e0071409_2138077.jpg

プールサイドのこのエリアが好きだった。
e0071409_21382974.jpg

ベッドルーム。
e0071409_21393654.jpg

e0071409_2140272.jpg

e0071409_2140218.jpg

Romantic Bath Time。
e0071409_2141565.jpg

シャワー室には
shampoo for her
conditioner for her
bath gel for her
soap for her
そして
shampoo for him
conditioner for him
bath gel for him
soap for him
がありました。
アリラは男性的なモダンなホテル。さすがデザインホテル。
もともと小食な上に矯正中で夜は食べなかった。
夕方のカクテルをメインプールで頂いた時にスタッフから「夕食待ってますね」と言われたのが頭に過るけれどウブドからの疲れと眠さとNO空腹で寝てしまったのがアリラ一日目。

by il-diamante | 2010-05-09 21:46 | Viaggio-Travel

Alila Soori

長いバケーションだったから記憶に残ってるものだけ。
時系列とか無視。写だけ。
今回のバケーション最後はAlila Sooori。
e0071409_15343227.jpg

エントランス。
e0071409_15365496.jpg

お部屋から直接入れるプール。
e0071409_1538647.jpg

e0071409_15383855.jpg


e0071409_154014.jpg

e0071409_1541143.jpg

e0071409_1544791.jpg

e0071409_1544411.jpg

e0071409_15452571.jpg

アリラプロダクトのアメニティ。
ローションからリップバーム、サンスクリーンやサンタンスプレーや蚊よけ、
アフターサンジェルも。歯磨きやコットン、メンボーも当たり前に。
C/Iの日はこんな感じ。ウブドから来たから遠かった。
それでも素敵な景色に感動。

by il-diamante | 2010-05-06 15:42 | Viaggio-Travel

Eccomi sn tornata

e0071409_13293243.jpg

Foto at Alila Soori
出発も遅れ、帰国も二転三転して帰国しました。
今回一緒に旅行してくれたviajeraちゃん。
知り合ったたくさんの人達、たまたま知り合ったブロガーさん、
遊びに来てくれた友達のおかげで病気になることなく無事に帰国しました。
しかしVOAの延長が難しくあっさり1ヶ月で帰国です。
退屈に思い日本が恋しく思ったり、大失敗もしました、でもやっぱり楽しかった。
最近はすこぶるカメラとブログに熱がトーンダウンでカメラを忘れてきたり。
持っていっても撮らなかったりで、撮ってもやる気ナッシンガーで写真白飛びしまくりですが。
旅のかけらを残せるよう頑張ります。
Beh,allora ci vediamo ragazzi!

by il-diamante | 2010-05-06 13:36 | Viaggio-Travel

9月26日 St Regis 5日目

今日で最終日、St Regis。
最終日だったけれどなかなか書く気になれなかったのはやっぱり最高のヴィラをうたっているけれど
あまりいいな、やっぱり。と思える事が好きじゃなかったからかな。
お部屋は素敵だったけれど、掃除もぜんぜんダメダメだし、サービスも良くないっていうのが素直な印象。
特に掃除。フツー1000ドルクラスのホテルだったら、脱いだ服とか落ちてたら拾ってくれるし
畳んでどこか見えるところに置いてあるし、ペンとか落ちてらひろってくれるじゃない。
600ドル台のクラブでもハンガーにかけてしまってくれたりするよ。
ターンダウンの時とか夜雨が降るかもしれないからプールサイドのものとか部屋にいれてくれるし、400ドル台のカユマニスだって、ピンとか落ちてると、タオルかティッシューの上に
並べておいてくれる。別にあんな風に並べてとまではおもわないけど、落ちてたものがそのまま放置ってどうなの?そこはモップとか掃除とかしないでほっとく感じでだんだんと埃が溜まって来てたりとか、掃除に関してこれはないんでないの???
ゴミ箱とお風呂場とシンクとベッド以外は掃除しないの???と思う感じ。
ちょっとくらいぐちゃぐちゃでもホテルだったらある程度整理してくれる。
それはアンダー300ドルのホテルでもそうだったよー。
お部屋帰って来た時にまだぐちゃってしてると気分萎える。。。
掃除するのに、部屋が片付いてないと掃除しずらいだろうから出来るだけ、
ある程度まとめてあるのに、それでもこれはーーー。
しかも出しっ放しだと美観を損ねるからそのまま置いておいておいてもいいもの以外は
出来るだけしまっておきたいの。それでも急いで服を変えた時のものとかお掃除の人への
チップとかにお礼のお手紙を添えるのに使ったペンとか、やっぱり変えたアクセサリーとか
服とか小物がいつもザッツ放置。うーん・・・期待しちゃったからいけないのかなーーー?


せっかく1年半降りにインドネシアに来たTesoro、レストランの極寒で風邪をひいて、ダウン。
この最終日もダウンしてた、かわいそう。
e0071409_13272670.jpg

実は写真が破損しちゃって残ってる写真が最終日はほとんどない。
午前中とりあえずバスタイムとって、午後はSt RegisのNさんのご厚意でビルディングの
お部屋を使わせてもらった。
Tesoroの具合が悪かったから荷物移動とかしないでいいようにラグーンヴィラで
デイユースしたかったんだけど、フルブッキングでビルディングしかダメだったみたい。
朝食は2人でなんとかボネカで食べた。でもTesoroは具合悪くて付き合うだけって感じ。
e0071409_13314015.jpg

11時半にバトラーの中のパッキングがイチバン上手い人を頼む。
日本人のOさんに「私の荷物すっごく多いんです、本当に上手じゃないと出来ません。
旧リッツカールトンで私の荷物を綺麗に入れられたのは2人だけです。パッキング試験受かってるらしいです。」
Nさんにも「パッキングがすごく苦手なんです、我こそはパッキングの達人って言う人お願いします」
と念をおしたにも関わらず、来たのはいつもの午前中のバトラーくん。
非常に気が利くいい子で、バトラーとしてはいいんだけど、パッキング下手っぴ過ぎでしょう!
とりあえずパズルのように隙間をなくすように、入れなきゃいけないものに目を通し、
計算して、かさを減らす、服は専用のシート(持ち込み日焼け水、湿度調整機能)に入れて
何か化粧品類が足れないように化粧品はまとめるとか、靴はスリッパケースとかで包むとかしてやるのが
パッキング。そいうの豪無視。見るものをどんどん詰め込んでるし。箱系のつぶれるものは下じゃ、ダメになるよー。
それだったらMiCETTAでも出来るよ。当然、その入れ方で入るはずもなく溢れてたけどね・・・だめだ、こりゃ。
スーツケースから溢れて入りきりません。上からぎゅーぎゅー押しても無理です。
そういう場合はもう一度出して考え直す方がよいの、、、と横から口を挟み、教えてみたけど全然
とにかく入れるものがなんであろうと分けたりある程度まとめる事なくどんどん入れてた。
ありえーなーーーーい、うーん・・・帰国するだけだからもういいけど・・・。
自称他称NO1バリアイランドのホテルのBEST1パッカーってこのレベル?うーん・・・悲しい。
自称もいいけど、バトラーとかスタッフとか自分で「今まではブルガリがイチバンだったけど
今は僕たちSt Regisなんですよ!」って自画自賛するんだからもっと頑張って。
なんか誇りなんだか自慢なんだか、、、プールらへんなんか、フレンドリーに頼んでもほーんと高飛車ってていい印象がないなぁ。
ブルガリより今や地位も室料も高い(ビルディングは違うと思うけど)ならもっと頑張ってほしい。
まぁ、帰る時も一騒動あるんだけど。。。
e0071409_13462929.jpg

ビルディングのお部屋は、ビルディングだけどヴィラのように高級感合って素敵だった。
今までリッツに泊まった時とか、ヴィラとビルディング差ありすぎな室内だったけれど(リッツはビルディング料金はアンダー300、St Regisはアラウンド400US$)
バスルームはちょっと狭くなるものの同じ作りでだったし、家具もほとんど一緒で
素敵な感じ。もしヴィラに泊まる前だったらすっごくわくわくしたと思う。
ビルディングでこの雰囲気というのもなかなか素敵。
ただやっぱりアプローチ的に、フロントから一旦メインエリアから下がってフロントから
海やメインエリアに向かうのでなくて、入り口ゲート側に下がるのは微妙にワクワク感が
半減するのはMiCETTAだけ???あとは、プール行く時、ロビーを横切るから、何かいつも上に
着ておかないと、あの雰囲気(リゾート感というより事務チックでなぜか雰囲気が嫌い。
そこに溢れる雰囲気といる人たちの醸し出す事務仕事チックな雰囲気。旧リッツカールトンは
花が咲き乱れ、音楽、音、皆がリラックスしてる感じだけど、ここは接待にも使うらしけれど
・・・Tesoroなんか仕事上の知り合いの外資先物取り引きさんにでくわしてたもん。その人は
仕事で来てて、接待してるんだって。リゾートなのに仕事な格好でロビーにその人いたわ。)
広さ的に言ったら、ヴィラから来ると狭く感じるけど、一人だったら十分。
二人だと、相当仲良しじゃないと難しいような、一人になれる空間がないから一人がBEST。
友達同士だったらありあり。
e0071409_1350121.jpg

Tesoroは部屋を移ってからベッドでうつらうつらしていたけど夕方に差し掛かる前に
一緒にメインプールへ行った。もう最後だしね。
かねてからここのサラに座りたくて最後の時間をカクテルで過ごしたよ。
ここはゲイプール???と思うほど男子プールになってました。
でもMiCETTAはゲイもオカマちゃんも大好きだから平気。
小一時間ほどここで過ごし、うっすらまた日焼けをして部屋に。
最後に髪を洗って、Leonにヘアーセットしてもらって空港へ。
(後でi-phoneで撮った写真を追加しておかなきゃ)
その際、空港へはSt Regisの車で。インドネシアに置いて行く荷物は代理店さんの車へ。
(荷物はある私の大事なそして素敵な日本人美女のお家におかせてもらっている。
いつもありがとう。本当に本当に感謝してます。このご恩はまた何かの形でさせてね、ラヴー♡)
2回午前中のバトラーさんに、「○時に代理店の車が来ますこれと、これは代理店さんの車へ。
これとこれは私が持って行きますのでSt Regisの車です。荷物が別れるから気をつけてください」
ヴィラからビルディングへ移った時、代理店さんの車に入れるものはクロークへ一旦あずけたんだけど。
代理店の車に入れるはずの荷物の中に間違って違う物を入れちゃったから一旦部屋に持って来てもらって
すぐに中身から必要な物を出してまたクロークへ。ここでまた確認作業をして、「○時に代理店の車が来ますから、クロークの荷物は代理店さんの車へお願いします。
これとこれは私が持って行きますのでSt Regisの車です。荷物が別れるから気をつけてください」
念には念をと思って日本人GROさんにも「今クロークに預けている荷物だけ○時に来る代理店さんへお願いします。私たちはSt Regisの車で行きます」と。
なのに、さーチェックアウトと思ったら、まず車の準備ができてなくって。。。
どーやら代理店さんの車に乗ると思ってたらしく、日本人GROさんはインドネシア語でなく
英語だから解っちゃうんだけどスタッフ「チェックアウト?車はどこの?」
日本人GROさん「私たちの車!!!」スタッフ「え?そうなの。すぐ用意する」
ま、こんなこともありますよねー。
しかし、さぁ、チェックアウトって言う時に日本人GROさんが慌てて走って来た。
荷物がない!!!なんと部屋から荷物をロビーまで運んでもらった際の荷物も全て
前に来た代理店さん車に乗せてもう行ってしまったらしい。
えええぇぇーーーー!あれだけ確認したし、念も押したのに!
今帰国時間ギリギリなんですけど。。。っていうか私の荷物は遥か彼方へ。。。
日本人GROさんも気をつけてたらしいんだけど、「本当すみません、ちょっと目を離した隙に・・・本当すみません!」って。
そこからはとりあえず荷物がないと困るから携帯から代理店さんの携帯へかけて事情を説明し
指定時間に来てくれたドライバーさんを呼び戻してもらって、、、それまで間に合うかギリギリ
しながら。。。待ってた。なんか最後の最後までなんだかなぁ、、、。
終わりよければ全て良しとはならず最後の最後までやってくれたSt Regisだった。
なー、インドネシアだし、こういうこともあるよねーと言いたいけれど、自分達で自画自賛して
高飛ってるならもうちょっとしっかりしてくれよ!とツッコミどころ満載なホテル。
もういい加減これで9月の旅行は終わり。
後は温泉に取りかかろうと思う。
ツッコミどころは満載だけど、素敵なヴィラ、ビルディングだからまた来るから成長してね。
まったねーSt Regis!成長してより美しくなってねー。

by il-diamante | 2010-01-05 13:47 | Viaggio-Travel

9月25日 St Regis 4日目 追加済みバージョン

e0071409_1518296.jpg

おはよー、St Regis!おはよー、Tesoro・・・?
今日もいいお天気、でもTesoroは起きられない・・・?
とりあえず、朝食に間に合うくらいまで放っておく。
バスタイム取ったり、お化粧したり、プールサイドで時間を潰しつつ。
そろそろ行かないと間に合わないのでは???と思い、Tesoroに声をかけて起こす。
なんとか立ち上がるものの「・・・気持ち悪い・・・」一言。
椅子に両手で体重を支えてうつむいて動かない。
あら、これはダウンだわ!きっと。
「・・・悪いけど・・・朝食食べられない。あなた、行っていいから・・・」
ウソー!そんなに具合悪いの???分かった。すぐにお医者様手配してもらうね。
MiCETTAは一人でゴハン行っちゃうけどすぐ戻るから、ごめんね!
e0071409_15262692.jpg

e0071409_1527222.jpg

Tesoroがドクターにかかってるのに、自分だけ朝食に来てワイン飲んで不謹慎かな?
とも思ったけど、出来るだけ早く戻るから許してね。
e0071409_15282819.jpg

e0071409_1529339.jpg

エッグヌーベル、エッグベネディクト、テリヤキごはん、キッシュ(viajeraちゃんの言っていたスジコン?を期待してたけどそれではなかった)。
メールチェックして今頃着いてからだけどまだ読んでないSt Regisの知り合いの書いたレポートを読んでみた。
あーん、出発前に見るべきだった情報満載。しかし、時間がなかったから仕方なかったの。
朝食にキャビアケーキがあった時期もあったんだってー。
この4日間ではなかったけどうらやましい。ここの朝食、本当、太る。その分すっごく豪華。
普段朝食食べないのに、St Regisでは密かに毎日の楽しみだったもん。
帰国後は必死に運動することになってるけど。たった4日でプラス4キロちょいのオーバー。
e0071409_1535263.jpg

e0071409_15365591.jpg

e0071409_1538141.jpg

デザートのワッフルも美味しかった。
4日間でイチバン早く食べてサクッとヴィラへ帰る。
Tesoroの容態も心配だしね。
余談だけど朝食のボネカも朝から寒すぎ、冷房すごい。
言えばブランケットかわりの白い大きなタオルっぽいの持って来てくれるからそれに包まってたけど・・・冷え性には南国とはいえ、キツい。。。


e0071409_283294.jpg

e0071409_1640983.jpg

e0071409_16403992.jpg

ラグーンプールサイド。
e0071409_1642452.jpg

ヴィラプールを望みながら。
e0071409_16445783.jpg

バレ(東屋)からラグーンプールとは逆にベッドルームの方を見た感じ。
e0071409_1945648.jpg

一人でヴィラプールで過ごしていたら具合悪くて休んでいたTesoroが出て来て
プールに入りたいって。水温の暖かいラグーンプールに行った。
e0071409_1964250.jpg

e0071409_1982422.jpg

e0071409_1975996.jpg

プールスタッフさん(いつもはいないけどたまにタオル運んだりしに来る)が
川みたいになってるラグーンプールを横切るときはこんな船でやって来た。いい笑顔ありがとう。
e0071409_19103823.jpg

↑破損画像・・・・・。
e0071409_1911157.jpg

e0071409_1912154.jpg

e0071409_19122068.jpg

e0071409_1913104.jpg

e0071409_19132834.jpg

e0071409_19151863.jpg

e0071409_19153218.jpg

e0071409_1916565.jpg

だんだん夕方になる前の白っぽい感じの雰囲気に。
それも好き。南国は白飛びの少ない午前中、太陽が強すぎて白飛びしちゃう昼、
午後ちょっと過ぎは写真取るにははっきりしてて、夕方は白っぽいオレンジっぽい感じ、
夕方の青っぽい感じ、夜のロマンティック色。いろいろあっていい。
それをイチバン感じる好きなホテルはウブドのプリウランダリ。
プリウランダリで渓谷を眺めながら対岸の緑や空色が変わるのを見るだけですごく素敵。
e0071409_19222880.jpg

e0071409_19225159.jpg

e0071409_1923765.jpg

こちらが夕方になってきたヴィラプール↓。
e0071409_11563223.jpg

e0071409_1143219.jpg

e0071409_1144139.jpg

e0071409_11443263.jpg

このバレ(東屋)からミミちゃんがプールへ落下。
せっかく綺麗に洗って乾かしたのに、ありえなーい。
e0071409_11445944.jpg

e0071409_11452854.jpg

e0071409_11535830.jpg

とりあえずみみちゃんをもう一度洗って部屋にいたアニモータオルの乗せて
風当たり作戦。サンドライは時間的にもう無理だから。
ゴリラのアニモータオル、役にたった、たった。
e0071409_1156459.jpg

これが部屋にいた時の様子。
ちょっとプールに入って元気になったみたいTesoro。
でも考えたらあなた、朝から何も食べたくない?
「うん。少しお腹すいて来た」良かった、食欲が出て。
ルームサービスしよう。まだ食べてない朝食は別途20ドルでまだ食べられるって。
バイキングよりは少ないみたいだけどいっぱいあるよー。
「適当に選んでくれる?任せるよ」
了解しましたー!選んで電話しておくから寝ててもいーよ。
e0071409_1222861.jpg

e0071409_1224936.jpg

e0071409_123579.jpg

e0071409_1232497.jpg

e0071409_1234183.jpg

パンやらゴハン、部屋にもともとあるフルーツで多くみえるなぁ。
サーモン焼き(期待と違っていたそう、和風が食べたかったみたい。)
お味噌汁、ワッフル、ミニフルーツポンチの選択。
バリマリーはMiCETTAが飲ませてもらった。
好き嫌いが激しいTesoroだからおやつ代わりに残ったら食べたげるー♬
ワッフルとフルーツポンチをもらったけど、フルーツポンチ嫌い、
っていうかフルーツの酸味と食べた後身体が冷えるから苦手。
でも見た目は可愛いフルーツポンチだった。


そんなこんなで過ごしていたらSPAの時間。
本当は2日目に2人でアクアヴァイタル、今日2人でハーブ湿布マッサージを予約していたんだけど、Tesoroは風邪でダウンした後だから、キャンセル。
MiCETTAも2日目のアクアヴァイタルキャンセルしたから今日はtesoroをお部屋に残しても一人でスパするんだ。
予約は6時半。カウンセリングや着替えの時間もあるから15分前には着きたいけど、施設内を見たいから6時にはバギーにて到着。
e0071409_12293262.jpg

e0071409_1231238.jpg

スパの入り口は禅と蝶々みたいな感じ。
蝶がモチーフらしくいたるところに蝶が。
e0071409_12335287.jpg

e0071409_1232204.jpg

レセプションを少し進んだところで、飲み物とおしぼりを。
飲み物はストロベリジュース。ちょっと珍しくて嬉しい(そして美味しい♡)。
e0071409_12341843.jpg

e0071409_1301285.jpg

前のモニュメントは点灯前。
e0071409_1235897.jpg

e0071409_1305626.jpg

ゆったりとした水庭が広がってる、ゆとりがあっていいね。
e0071409_1363328.jpg

ぼーっとソファーで待ってるのもなんだから先にチェックインさせてもらって
ロッカーで着替えさせてもらって水庭の写真撮ってら「バレでどうぞ」ってここに案内された。
e0071409_13812.jpg

e0071409_138134.jpg

この時間はみるみるうちに空の色が変わるから面白いし、好きな時間。


e0071409_15395999.jpg

e0071409_15402250.jpg

個室の扉の上に蝶々。
ライトが当たって陰が出来てる。
e0071409_15412682.jpg

日本的なカーテンがされた個室、うっすらライティング。
e0071409_1542101.jpg

e0071409_15423589.jpg

天井にはプラネタリウムのような月と、蝶々。綺麗だねぇ☆
e0071409_15452989.jpg

マッサージルームには洗面所、トイレもあった。壁にも蝶々が舞ってた。
e0071409_15462947.jpg

スパはフットマッサージからスタート。
リクエストで力強いザッツおかんタイプを日本人GROのOさんにお願いしてたのに、
来たセラピストさんは「妊婦」さん。妊婦さんはあまり力んでも・・・
「あの・・・申し訳ないんだけど、強いマッサージが好きで、力強めのセラピストさんお願いしてたんだけど・・・あなた、妊娠してるから・・・」
って言ったら、「大丈夫。私力強いし、今日もマッサージしてたから平気よ!」って。
そうなの?じゃぁ・・・ってお願いしたら妊婦さんにも関わらず、上手なマッサージだった。
力が強いとかだけじゃなくっていい気持ちのマッサージだった。
マッサージ事態はよくある暖かいハーバルボール(ボレチックな香り)をプレスしてから
暖めたオイルでマッサージして行く感じ。このボレチックなニオイがすごく好きなMiCETTA。
マッサージも気持ちいいし、なかなかいいよ、このSPA!
プールやレストラン施設、サービスはリッツカールトンの方が好きだけど、
お部屋とエステはセントレジスの方がいいかなー。(でもスパオンザロックは別格)
とろーんと眠気にまどろみながらマッサージされて幸せ〜。Tesoroは残念だったね。


e0071409_1661836.jpg

e0071409_1663019.jpg

マッサージから出て来たら真っ暗だけどものすごくロマンティック。
e0071409_18331334.jpg

スパの後はアクアヴァイタルプール。以前はこのジェットバスの方は有料で水?の方しか
入れなかったらしいんだけど、今は何かトリートメント受けた人は入れるみたい。
MiCETTAだけではなく、他の白人ゲストさんにも同じ事いってたからシステム変わったのかな?
規模こそ旧リッツカールトンのアクアトニックプールより小さいけれど、MiCETTAはこっちのセントレジスの方が気に入った!!!
理由は水温が暖かい!まるでお風呂!!!
6時頃来た時は台湾系?中国系の人がワッサワサでバレまで溢れんばかりで、大声で健康ランド?
と見まごうばかりだったけれど、9時までだったか残り30分ぐらいだったからか、男性一人しか
いなくて、MiCETTAも時間が許す限りのーんびり入らせてもらった。芯からあったまって顔から
汗もいっぱい出て来たってくらいの温度!これは冷え性には嬉しい。
旧リッツは真ん中のバブルバスコーナー以外はすごーくぬるかったから!
e0071409_1840945.jpg

ロッカーで、着替えをしてシャンプーはこの巨大シャワーで。
でもこのシャワー、カーテンがないから洗ってるの通る人にもガンガン見え。
しかもロッカールームは冷房寒い!しかも巨大シャワー水しか出ない!!!
(と思ってたら帰るときに違うシャワー発見。でも、案内してくれないってのがビミョー)
あとロッカールームは基本的無人。一応シャンプーとかあるけどヴィラにるサイズだから
ほとんどなかったし、、、こういうところ一応借りにも高級ホテルには悲しいなぁ。
あとはスリッパとバスローブが使い回しチックなこと。
きちんとラッピング包装されてるなー、さすがはSt Regis☆と思ってたら
その包装はただサランラップで巻いただけ。(業者が洗ってパックしたんじゃない)
なんで気がついたかというと、スリッパに履いた跡というか黒ずんでたから
あれ?と思って裏も見たらなんか踏んだ跡があったから、バスローブも見たら
染みががっつり目立ってあったから。。。こういうのはうーん・・・。
でも、それを差し引いてもまた来たいスパであり、ホテル!
少なくともMiCETTAが行ったときはまだ成長中って感じだった。
いいところもあれば悪いところもある、そんな感じ。
でも総合的にはいいホテルだと思うけどこの島でNO1を張って自分達(バトラーさんとかがね)で言うほどはまだまだかなーって感じ。
e0071409_18495396.jpg

e0071409_18501142.jpg

e0071409_1850292.jpg

とーっても綺麗なライティング。
バトラーさんに連絡、バギーがなっかなか来なくて、20分か30分は待ったけれど
綺麗な施設を写真撮りつつ待ってた(その間、まだーーー?って催促したけど)。
そうそう、そういえばアクアヴァイタルプールは水着着用なんだけど、
トリートメント受けたらプール入れるって知らなくてバトラーさんに頼んで
「○○○ヴィラのバスルームのバスタブに濡れた水着がそのまま放置されてるから持って来て
って」って何度言っても意味分からないインドネシア語で返して来る寝ぼけたバトラーさんで
困った。英語解りますか?って何度も聞いちゃった。
(ってMiCETTAの英語が下手すぎで伝わらなかったの???)
あまりに解ってもらえず、スパのレセプションの子に同じ事を言って、
それで、電話越しにインドネシア語で伝えてもらった始末。
あぁ、MiCETTAの英語ってそんなに酷いのかしら?
e0071409_61418.jpg

e0071409_6152019.jpg

e0071409_618099.jpg

バギーを待つ間レセプション周辺の写真を撮ったり。。
e0071409_6155468.jpg

セントレジス内アメニティ、ルメルドゥールスパ内で使っているもの販売エリア。
e0071409_6184163.jpg

受付の向かいにはティーバーエリア。
ここでウェルカムドリンク、施術後のティーを用意してるみたい。
アクアヴィタルまで楽しんで満足、バギーに乗ってヴィラへ帰る。
e0071409_6205568.jpg

e0071409_6222298.jpg

ヴィラの入り口、玄関の前にも緑があって、ライトアップもあって気持ちいいよ。
e0071409_6231763.jpg

帰って来たらターンダウンも終わってて新しいアニモータオル。ブタ?
e0071409_6241036.jpg

Tesoroはもうベッド入ってて、正直に言うと倒れ込んでて、具合悪そう。
一言「・・・遅かったね・・・」
うんトリートメント後、アクアヴァイタルプールもはいったんだ。
その後シャワーが水で寒かったからスチームミストで身体暖めて来た。
と報告。
e0071409_6264153.jpg

一応、寝る前にお風呂。シスレーのオードゥカンパーニュシリーズ。
ゆっくりじゃなくても部屋のお風呂に浸かりたい。
シャワーだけじゃヤな人、MiCETTA。
それからしっかり保湿しておやすみなさい。
9月25日 St Regis 4日目終わり

by il-diamante | 2009-12-16 06:32 | Viaggio-Travel

9月24日 St Regis 3日目 夜の写真追加バージョン

おはよう、セントレジス。今日は3日目だわ。
ところで、なんでまたバスルームがビショビショなの?
しかもクローゼットまで侵入しそうな水浸し。昨日と同じ状況だわ。
まー、後で掃除の際に言えばいいかと思ってなんとなくタオルを水の上に被せて滑り止め。
Tesoroは風邪で具合悪いらしくベッドでまだ寝ている。
起こすのは酷だから一人バスタイムを優雅にゆっくり入ってリラーックス。
その後、バスタブの水を抜いてメイクしながらヴィラのリヴィングで過ごしていてた。
しばらくしてコットンを取りにバスルームに行ったらあららー!
連日のバスタブ周りの水浸しがさらに範囲を広げてる。
どーやら、バスタブに溜めた水を抜く際、排水溝に行かず、漏れてることが判明。
早速エンジニアさんを呼んでもらって修理してもらったんだけど、Tesoro具合悪くベッドで撃沈してるから、ベッド真裏でのバスルームでの「音を立てずに!!!静かにお願い、病人がいるの!」という要求の中では難航するのを見越、エンジニアさんは「病人さんを起こしたくないので、朝食の際必ず、他のスタッフと共にやらせていただきます。今やるとどうしても音がでて迷惑をかけてしまうので」/了解しました。
e0071409_1363939.jpg

11時までの朝食、Tesoroは食べれないじゃないかな、などと思いながらアウトサイドでワイン飲みながらホゲホゲしてたらTesoroが起きていた。「さっきの人達は何?」と気がついてたらしい。
朝食に行けるかどうか聞いたら行けるとのこと。
じゃ、着替えて行こうってことで、St Regisの豪華な朝食をボネカレストランで。
e0071409_13265654.jpg

e0071409_13272133.jpg

初めはボネカレストランの外の席に座って見た。
実はMiCETTAボネカレストランの色合いが実は嫌い。
なんか赤とオレンジのこの組み合わせ好きじゃない。
しかもなんかSt Regisの中でボネカは浮いてる雰囲気(個人的感想)。
時期的に中華系の人もドメスティックの人も多かったせいか、大家族用、ファミリー感たっぷり。
決してお洒落なゲイカップルがひそひそ話しては微笑み合ってキスなんてしちゃうような感じなし。
子供の声が絶えず響き、スタッフは戦場状態、そこにこの色。だから苦手。
朝食以外立ち寄ることはないスポット。
でも、メニューはさすがに豪華、豪華。
e0071409_1322505.jpg

e0071409_13374786.jpg

e0071409_13381186.jpg

朝からおつまみ系もたくさんな朝食にワインも飲めるなんて海外だなーって思う幸せな時間。
日本で朝から飲んでたら変人扱いだもんね。
しかし、去年の親知らずの口腔外科手術、今年の矯正を気になぜかあまり飲まなくなった。
飲むのは好きだけど、週1度くらい。だから旅行中は珍しく、飲んでる方。
でも昔よりTesoroも飲まなくなった。
が、具合が悪くても飲むところはやっぱりTesoro、お酒のみもラヴ♡
昨日は中の席だったからね。外の方が何国感あってよいかなーと思ったのだけど日差しが暑くてやっぱり無理かもー。ごめんなさいねー。
e0071409_134326.jpg

毎朝必ずくれる、バリマリー。(もちろん朝食で出るのはお酒抜き)
MiCETTAはこのバリマリーが大好き。このスパイシー感、つーんと鼻に抜ける感。
お茶ずけのようにゴハンにかけて食べてもいいくらい好き。
ブラッディマリーがイングランドならこのバリマリーはブラッディマリーのバリ版ってワケ。
BARとかプールサイドでも頼んだけどこのバリマリー、朝食以外の時のチャージは16万Rp。
座ってても次から次へとスタッフがバイキングしていろいろ持って来てくれるというのを楽しみにsjほていたけれども今日もそんな感じなし。
来るのはオレンジジュースいかがですか?
バリマリーいかがですか?
パン類は如何ですか?
くらい、あとはアラカルトのエッグ類は注文形式。
e0071409_1351253.jpg

e0071409_13512444.jpg

e0071409_13514514.jpg

結局は自分で取りに行くバイキング。座ったままでも次々に来てくれるものだとワクワクしてたから残念。でもそのメニューの多さは凄いし豪華〜!
e0071409_13561411.jpg

昨日あったウィンナー(バリ風らしいいけれどイタリアンウィンナーのようなのだった)、
すごくスパイシーでお酒に合うしょっぱさですごく美味しくて感動したんだけど
日替わりらしくて今日は昨日ウィンナーのあった入れ物にはチキンが〜。ショック。
似たものを入り口付近にあるバリ伝統食事コーナーから勧められて選んだけど昨日のが好みだったな。
e0071409_13593011.jpg

エッグベネディクト。ちゃんとサーモンローを別に持って来てもらった。
MiCETTA達はザッツ高カロリー高タンパク質が大好き。デブの元だけどやめられない。
でも、パン類得意じゃないMiCETTAには下のマフィンはいらないかもー。
見た目もお洒落だし、味もおいしかった。
e0071409_1415797.jpg

ワインとオイスター。
e0071409_1424011.jpg

オイスターとワイン。
似たような写真だけど、ピントが微妙にワインかオイスターか勝手にずれてることが判明。
せっかくだからブログには両方掲載。
e0071409_1451519.jpg

エッグメニューからホワイトティティアン。
あっさりとした黄身なしのホワイトオムレツと言ったところかな。
こってり味が好きなMiCETTA達にはちょっとヘルシーすぎかな。
e0071409_14123563.jpg

やっぱり〆はエッグヌーベル、サーモンロー別盛りで!
e0071409_141461.jpg

甘いパン類が欲しいとTesoroが言うので、取りに行くついでにフラフラ見てこようと思ったら
スタッフの人がすっごく美味しいのがあるよ、特別に作るねって言ってくれたのが、これ。
美味しかった。ワイン飲みながらゆーっくりしてると戦場のレストランも我々が最後のゲスト。
最後の方はこんなものを提案してくれたり、出してくれたり。
甘くて美味しかったー。ありがとう。
そんなこんなでSt Regisに行って太らない人はぜーったいいないはず、断言できる。
かくいうMiCETTAもこの豪華な朝食でどっしりして帰ってきたもの。
寂しい朝食も辛いけど豪華なのも罪。ってくらいな内容だった。






e0071409_1426148.jpg

ロビーは実質2階のようになっていてその真ん中に階段があるんだけどそのサイドはこのような感じのポンドになってるのね。この写真はレストラン・ボネカから撮ったもの。
階段を挟んで右がボネカレストラン、左がBAR。
e0071409_14393987.jpg

下の階のはデリのちょっと手前にこんなにカワユイソファーもある。
ちなみに喫煙スペースの模様。






e0071409_14412021.jpg

部屋に帰って来たら綺麗に、掃除されていて気持ちいい。
バスルームのとんでも水浸しもなくなってるし。
でも部屋に何か怪しげな、ファミリー向けサービスですか?とツッコミたくなる変なものが。
噂に聞くアニモータオル!!!こういうのは子連れファミリーのみでしょう。
この素敵うっとり、ラヴラヴ空間に、こんな笑いをさそうようなものはいらないのでは!
と初めは昨日までなかったのについに、ついに来てしまったかー!とつまんでどこぞに隠そうと思ったけど、考えてみればウチのお子ちゃまはインドネシアとか南国、もしくは灼熱時期のヨーロッパでしか洗わない。なぜならドライヤーで乾かすと中まで乾くのに3−4時間はかかる。
でも南国なら綺麗に洗ってあげたらタオルに包んで日向ぼっこさせておけば2時間もしないうちにしっかり乾く。
そうだ、お子ちゃまたちを洗ってこのアニモータオルに乗せよう。
MiCETTA的にはダメダメだけど、お子ちゃまはきっと喜ぶ。
そう思って早速使ってみた。
あれだけアニモータオルを嫌がっておきながら、もちろん頼みもしないから来ないでくれたことに感謝してたのに、ひとたびウチの子達が喜ぶと分かったら、バトラーさんを呼んで、「あなた、アニマルタオル作ってくれる?」と聞く始末。その上「今のはちょとt可愛くないから愛らしいので、このウチの子が乗れるの作ってくれない?」と。バトラーさんは出来ないらしくターンダウンスタッフ、掃除スタッフが出来るとのことなので後で持って来てくれることに。
ではではそれまではMYプールでのんびりしましょう。
e0071409_1457278.jpg

e0071409_14592714.jpg

e0071409_14582222.jpg

e0071409_14572378.jpg

e0071409_1504624.jpg

e0071409_151564.jpg

e0071409_1533712.jpg

e0071409_2219436.jpg

e0071409_22194161.jpg

e0071409_22205025.jpg

泳いでるうちにお子ちゃま用のアニモータオルが来たから、早速お子達をバスルームで
キレイキレイにしてあげて泳いでるうちにサンドライ。
e0071409_22234977.jpg

一匹のアニモーに3匹仲良くと思ったけどキツくてコロンコロン落ちちゃうから2体に乗ってもらうことに。
e0071409_22251147.jpg

e0071409_22253492.jpg

ブタさんとゾウさんだよー。
e0071409_22262622.jpg

お子ちゃまも大満足の模様☆
e0071409_22284260.jpg

デッキチェアから見上げると赤いパラソルがお洒落。
e0071409_22294776.jpg

e0071409_22313787.jpg

疲れたら東屋で一休み。優雅な時間。
e0071409_22323053.jpg

ヴィラ内の緑もいい感じ。オープン1年でいい感じになってる。
あとはサービスが追いついたら最高ー。次回が楽しみ。
e0071409_22335131.jpg

ヴィラのプライベートプールにちょくちょくハトさんが水浴びに来たよ。






e0071409_22351266.jpg

e0071409_22353652.jpg

泳ぎ疲れたらゴージャスなヴィラで寛ぐも良し。
e0071409_22533814.jpg

e0071409_22541553.jpg

リヴィングにあるこのメイクアップにぴったりなデスクがMiCETTAのメイク、ヘアースペース。
美空間。バスルームはMiCETTAの美空間とゆうより、癒し・メンテナンス空間だから。
この美空間使いやすくてグッド♡
e0071409_22585514.jpg

毎日Leonに髪の毛セットしてもらってたけどここでいつもやってもらってた。
この日も夕方からセットお願いしてた時の写真。
いつもセットの間はTesoroは具合悪くて寝てた。
そんなこんなをしていたら暗くなって来て、今日しか見る機会っていうか時間がなくってどうしても見たかったファイヤーダンスの時間に。
e0071409_235617.jpg

明日はSPAの予約がちょうどファイヤーダンスの時間にあるし、、、急いだんだけど結局ちょびっとしか見れなかった。






e0071409_2363428.jpg

e0071409_237663.jpg

もう終わりかけだったし、期待が大きかったのか意外に地味〜。
しかも明るい時も暗いときもロビーから繋がる味気のないサンドポンドが苦手。
ここ、サンドポンドより本当の池とか、プールとか、草木の方がいいと思うのはMiCETTAだけ???






e0071409_2391158.jpg

e0071409_2394028.jpg

e0071409_2395464.jpg

BARに行く前にショップとデリによって見た。
チョコレートファウンテンもあってしっかりつまんだら、あら、このチョコレート美味しい。
数個買ってお部屋に届けてもらって後で食べた。
ちなみにもちろんデリスタッフは届けてくれないから「バトラーに運んでおいてください、お部屋番号808です」と伝えればオッケー。
チョコレート美味しかったよ。
シガーやワインセラールームとかあった。






BARを後ろに。テントの色が変わるのが結構好き。
e0071409_14572745.jpg

e0071409_14583737.jpg

この日はKingColeBarの前のキャンドルホルダーの淡青緑色だったのを思い出したから
ワンピース(柄なしJustCavalliも珍しいでしょ)とピアスの色を合わせて来たの。
e0071409_1513411.jpg

本当はジャズを聞きたかったから食事前に一杯って感じで寄ったんだけど外席に落ち着いた。理由は2つ。
e0071409_153141.jpg

e0071409_1531943.jpg

e0071409_1534384.jpg

MICETTAが外のお席についた理由その1、カーテン付きのお姫様ソファーが大好きだから。
Tesoroには「まーったくもう、このカーテン女が!」って笑われる始末。
無駄に意味のないカーテンが垂れ下がってるところとか、無駄にカーテン垂れ下がってるレストラン、無駄にカーテンがそよいでるスパ、無駄にカーテンがそよいでるレセプション、無駄にたくさんカーテンがあるのもなぜか大好き。
だから、蚊よけチッチャの落とし物よけとわかっていても天蓋も大好きだし、ソファーにカーテンがついてるのもすごく好き。なんだか分からないけれどふらふら〜と誘われてついそこにしっくり居座っちゃう、なぜ?
e0071409_15103760.jpg

理由その2は、見てこの窓。温度差が激しすぎて曇ってて中も見えない状態。
中がまた冷蔵庫のように寒くて座ってられる状況じゃない!
本当はジャズでも聞いて大人な時間を過ごしたかったけど、寒すぎて無理。
だから本来ジャズを聞きにきたのに、外席でジャズもあまり聞けない状況だったのね。
e0071409_15142354.jpg

e0071409_15144442.jpg

移り行くライティングがわくわくするから好き。でもこのホテルの感じだともっとシックな方がいいの?MiCETTAはこういうのが好きだからいいけど、このライティング若い人向けな感じ。本来のSt Regisが狙う白人富裕層にはづなんだろう?まぁ、でもMiCETTAは好き。
MiCETTAはお気に入りスパイシーカクテル、バリマリー。Caroはドライシェリー。
St Regisの中でやっぱりKing Cole Barのバリマリーは本当美味しい、ツーンとしたスパイシー感が強烈。やっぱりさすがはBAR。
e0071409_151916100.jpg

この後本当はKayu Putiの外席を予約してたんだけど、Tesoroが具合がまた良くなくなって来てKayuPutiはキャンセルしてここで食べてしまうことに。
メニューをお願いしてKayuPutiから持って来てもらった。
MiCETTAはおととい食べて美味しかったサーモンのをもう一回。
味付けが好みだったんだけれどレストランの寒さから具合悪くなってどうしても飲み込めなく泣く泣く諦めた一品だから。
今日こそは!美味しかったよー。完食。
Tesoroは昨日食べて美味しかったという魚介とハーブのパスタ。
でも一口食べて美味しくない、しかも部屋に帰って寝たいと具合悪そう。
どれどれ食べてみると、確かに昨日の美味しさはそこにない。
運んで来てパスタがのびちゃったとかでなく味が違う!
分かった!昨日魚にもぴったりなタイムを使っていたけど、今日のハーブはバジル。
同じハーブでもここまで味が違っちゃうのね。
e0071409_1845440.jpg

e0071409_18452159.jpg

それでもワインは飲むけど。
っていうことで、早々に切り上げ、さくさくヴィラへ帰っておやすみなさい。


e0071409_17144037.jpg

e0071409_1715263.jpg

Tesoroが倒れ込む前のベッド。夜のヴィラ、ベッドルームの雰囲気。
e0071409_17161149.jpg

勝手にMiCETTAのサングラス、アニモータオルに使われてるんですが。。。
しかもすごい不細工だし。。。っていうかうさぎと何???
e0071409_17173657.jpg

分解したら、「さそり」に乗った「サングラスうさぎ」の模様。
e0071409_17184045.jpg

バスルームに続く空間。
Tesoroはスカーフ外してそのまま洋服でなだれ込むようにベッドへ倒れてしまった。
翌日さらに悪化し、ドクターを呼ぶことになる。恐るべし寒すぎる空調。
e0071409_17193237.jpg

e0071409_17195772.jpg

e0071409_17203396.jpg

MiCETTAはゆっくりバスタイムをとって・・・
e0071409_17214652.jpg

e0071409_1722277.jpg

e0071409_17221460.jpg

夜のリヴィングの写真。
それからおやすみなさーい。

by il-diamante | 2009-12-09 17:23 | Viaggio-Travel

9月23日 St Regis 2日目

昨日の夜からなぜかバスルームが水浸しだったのよね。ターンダウンスタッフも水浸しのまま放置みたいだったし、どーしたんだろ。
とりあえず朝のお掃除で綺麗にしておいてね、とお願いしておく。
e0071409_23493611.jpg

e0071409_23495029.jpg

e0071409_2350249.jpg

今日も良い天気です。やっぱり旅は乾期が好き。
ヴィラの青いプールもラグーンプールもお天気で栄える。
e0071409_23503068.jpg

e0071409_23521923.jpg

毎日置かれるフルーツ。
Tesorinoは具合はまずまず回復した模様。良かった。
と思ってたらまたのちのちぶり返すことになるんだけど。
e0071409_23541180.jpg

朝食ではお酒は言っていない方のバリマリーが。これ美味しい。
でもワインもボトルでオーダーしちゃった。
で、ここの朝食って座ってるだけで次々と来るみたいなことを聞いてたから
ワクワクして待ってたけど、飲み物とパン以外特に回ってこないんですけどーーー???
でもひつこく待っても来ないんで、アラカルトからオーダーして普通に自分でバイキング
形式のところに行って取ってきた。ちょっと残念。
終盤に行ったからそれほど混んでないのになんでだろう。
e0071409_23581231.jpg

こちらは気に入ったエッグヌーベル、上にのってるいくらがさらに美味しさを引き立ててくれる。
中はムース状のものが入っていてその下には魚貝?の具がころころ入ってる。
これは美味しかったなぁ♪
e0071409_1215258.jpg

エッグベネディクト。こちらも美味しい。
マフィンの上に乗ってるよん。
e0071409_12163562.jpg

リバーロブスターのオムレツ。
ゴージャスな見た目だけど、オムレツはフツーの味。
e0071409_12175668.jpg

ちょっと食べかけでごめんなさいのステーキもある。
e0071409_12184972.jpg

またまたエッグヌーベル。今度はいくら多くしてもらった。より美味。
e0071409_12194733.jpg

ビュッフェ、甘いものコーナー。
結局取りに行く感じだけど、それも楽しいよね。
そこでフラフラしてたら自家製バリ風ソーセージがあって、すっごくすっごく美味しかった。
翌日も翌々日もなかったから日替わりみたい、美味しかったな、また食べたい。
だってそのソーセージワインに合いすぎ。
日本のソーセージじゃなくてイタリアのソーセージに見た目だった。美味しかったな。
e0071409_12221879.jpg

私たちは10時くらいに入ってたからいつもすぐに朝食終了タイム突入。
お酒のおつまみだけもらって、長々飲んでた。
ここのバイキングは文句なしにゴージャス。
でも時期的に混みすぎな印象だったけど、でもいいわぁ♡
ちなみに室料に含まれてるけど(アルコールは別)、外から来ると50ドルくらいみたい。
ゆっくり飲んで楽しんで、朝から楽しい、セントレジス。


e0071409_12253472.jpg

お部屋に帰る前に目の前のKayu Putiで写真をパチリ。
e0071409_12324893.jpg

e0071409_1434343.jpg

e0071409_1435710.jpg

朝食の間にルームクリーニングをお願いしておいたから帰って来たら
ヴィラでのんびりした。お部屋の中ももちろん素敵だけど、
お天気が良いからつい、プールサイドへ。
e0071409_1319742.jpg

e0071409_1395649.jpg

e0071409_13121645.jpg

このプールサイドの高台になったバレは気持ちいい。
ただ人目がきになるから昨日の夕方開けておいたんだけど、
ターンダウンサービスの際も朝のクリーニングでもカーテンはそのままだったから
開けたら毎日自分で閉めたりしなきゃならないのがちょっと面倒。

ここからだとラグーンプールを見渡しながら(対岸や隣りのヴィラも見えるけど)
お酒片手にゆったりとした時間を。
e0071409_1316495.jpg

e0071409_1317258.jpg

バレのテーブルに赤ちゃんのチッチャが遊びに来た。
初めて見た、赤ちゃん。
e0071409_13192879.jpg

今回のペディキュアは日本でお願いしたピンクと紫。
e0071409_16165533.jpg

e0071409_1617212.jpg

泳ごうかとも話し合ったけど、体調がイマイチだったTesoroと
部屋の中でだらだら、陽射しが弱くなってから泳ごうという結果。
お部屋も麗しいからヴィラの中にいるのも楽しい。
e0071409_1619463.jpg



パソコンしたり、、、この椅子もオキニイリ。
形もデコラティブな堀木も、いい。
e0071409_16241074.jpg

e0071409_1625164.jpg

ヴィラのプールで泳ごう。ヴィラのプールは真水の1.3mの水深。
広ーいって感じるほどの広さじゃないけれど、十分かと。
ただ気になるのは前の中州に来る人たちとか子供の叫び声とか。
中州近くにちびっこ用浅瀬のエントリー箇所があるから結構子供が来る。
もしかしたら繁忙期じゃなかったら静かかも。
e0071409_16293752.jpg

せっかくヴィラからダイレクトにラグーンプールに行けるから私たちもヴィラから
ラグーンにエントリー。
このラグーンプール、広そうに見えるけど実際ラグーンヴィラに泊まって
ラグーンを泳げば実際はそんなに広くない。
ちなみに自分のヴィラから右側の端までと左の端(メインプールのところ行けるところまで。途中でブロックされてるからそのまま直接は行けなくなってる)まで思ったより近くて驚いたほど。
見学した時はどこまで続いてるんだろう???と思ったけど実際泊まると意外に驚くほど広くないし、普通に行き来しても疲れる距離でもない。
そして実際にラグーンを泳いでいろんなヴィラを見て来たけど、外からばっちり見える。
というか寝室も直線距離でプールから見えてる。だからかお昼寝しているのか分からないけど
カーテンの閉まってるベッドルームのヴィラもちらほら。
あと気になるのは中州エリアにプールスタッフがほとんど不在だから結構使い終わったタオルとか
荒れ放題。こういうところは旧リッツはどのプールにもプール係、ドリンク係数名待機だからよく感じる。でもお部屋の中はもちろん旧リッツカールトンよりSt Regisの方が素敵だけど。
そしてもっと見えやすい、東屋(バレ)に人がいたのを見たのは4日間一回だけ。
あとはラグーンプール素敵なんだけど塩水で髪とか肌が荒れるのがちょっと。
MiCETTA塩水あまり好きじゃないのよね、髪の色とか退色するしキシキシするから。
でもやっぱりいい点としてはおっきなプールっていうことで気持ちいいし
水温がヴィラのプールより高めだから寒くないし、いい感じ。
点在する休憩エリアもなかなか素敵。
e0071409_1643454.jpg

e0071409_16433376.jpg

e0071409_16443074.jpg

完全日陰のおしゃべり場所みたいなところ、結構お気に入りだった場所。
水の中に椅子が浸かってて座れるようになってる。
ここが、ちょうどヴィラの真ん前だった。
e0071409_16465543.jpg

その横にはこんなデッキも。
お気に入りの屋根付き場所のすぐ近く。
でもデッキ数も少ないし、やっぱりなんとなくヴィラの人用な感じ。
ビルディングからだと遠いのとエントリーする場所が限られてるから。
パラソルとかはないから日焼けしたい派にはぴったりかと。
タイチックな感じもおしゃれな感じ。
ヴィラプール、ラグーンプールに行ったら今度はビーチへ行こう!


e0071409_16473339.jpg

e0071409_16493190.jpg

ビーチではバー前の寝っころがりBARのビスタBARへ。
e0071409_16513645.jpg

e0071409_16552474.jpg

e0071409_2313558.jpg

寝っころがりBeachBarからの眺め。
e0071409_233795.jpg

飲み物も注文。セントレジススペシャルカクテル(緑の方、名前失念)、うっすいー!美味しくない。激しく美味しくない!
MiCETTAは南国感たっぷりのフルーツの入れ物をそのまま使ってもらって好きな感じを伝えてスペシャルで頼んだけど、こちらも激しく美味しくない。
と、いうかビーチスタッフもビーチバースタッフもなんか笑顔とかもちろんなくて微妙に感じ悪く思うのは私だけ?セントレジスってタカビってる印象。
ビーチバーに行っても、スタッフいっぱいいても、自分から行くまでタオルとかくれないし。
ビーチバースタッフにも飲み物頼んでも、はいはいって業務感ありあり。
繁忙期だからかスタッフにいい印象がまーったくない!
でも繁忙期だったらスタッフもあらかじめホテル側も増やしておくのでは?
随所でほったらかし感、もしくはお願いごとがあっても人がいないくて探す4日間だった。
本当、部屋がここまで素敵なのにもったいないなー。
e0071409_23115373.jpg

e0071409_23131690.jpg

ビーチも散歩。お部屋にある帽子のツバが広いから顔が陰になって日焼けしないのが便利。
e0071409_2313537.jpg

海のコンディションは結構、いやかなり綺麗。
ただ好みを言えば、遠景で崖から海を見る方が好き。
ここセントレジスは部屋からは海が見れないし。
ストランドヴィラに泊まれば見れるけど、上からこうバーンとは見れないから。
こっそり言うと実は海に近いのって好きくない。海風の匂いも好きくないし、海風で髪の毛のセットがすぐ崩れるし、湿気がち。だから海は崖の上からバーンと見る方が海臭くないし景色的にも実は好み。インドネシアとか東南アジア系ならなおさら。
e0071409_23182896.jpg

e0071409_23211415.jpg

メインプール脇にあるカーテンが素敵なプールサイドバレ。
カーテンがゆらゆら素敵。でも結構サイドから日差しがガンガンくるけどでもうっすらこんがり焼けるもこんがりしっかり焼けるのもエキゾチックで素敵だから、ここでのびりするのもおすすめ。
e0071409_22365550.jpg

e0071409_22373048.jpg

e0071409_22375238.jpg

e0071409_2238109.jpg

e0071409_22383455.jpg

Kayu Puti正面、海の前のメインプール。
プールはL字で、BAR前にはプールの中に椅子があるサンケンBARも。
プール側じゃない方の砂浜ねっころがりの方がヴィスタBAR。
ちなみにL寺になってるけど、その先のヴィラエリアのラグーンプールとは
つながってるように見えてプールの中でしっかりブロックされててくぐることも
通り抜けルコトも出来ない。つまりメインプールからラグーンプールへは行けない。
(試みてみたけどブロックのところで諦めてUターンしたMiCETTA、笑)


e0071409_22444641.jpg

e0071409_2245988.jpg

e0071409_22453547.jpg

塩抜きのため、真水のヴィラのプライベートプールでちょっと泳いだ。
なにげにゆっくりぼーっとした時間、いいね、こういう時間。
e0071409_22435443.jpg

e0071409_22465682.jpg

その後は麗しいバスタイム。MiCETTAは家でも旅先でもバスタイム大好き。
普段、家では朝と夜の最低2回、暇な日は日中も入ってるから3回。
温泉行った日には出てこない。温泉に携帯持ち込んだり、本持ち込んだり、防水DVD持ち込んだり、濡れないように必死にパソコンもって入ったり、何も持たずぼーっとしたりとにかくぬる湯で何時間も入ってられる。逆にシャワーだけはちょっぴり苦手。
St Regisもバスルームが麗しくて嬉しいかぎり。
MYヘアースタイリストLeonに髪の毛をセットしてもらって、CLASS Roberto Cavalliのロングドレスワンピに着替えて今日も寒すぎるKayu Putiレストランへ。
e0071409_11224525.jpg

ワインはティスティングワイン。3種類のワイン、フランス、オーストラリア、チリのワインを少しずつ飲みくらべられるもの。これがどのワインもしっかりしててなかなかに美味しくて気に入った。
e0071409_1124297.jpg

e0071409_11245421.jpg

昨日のレストランで冷えすぎて体調が悪くなってしまったTesoro、今日はスパもキャンセルするることになってしまった。私も付き添ってスパをキャンセル。
セールスのNさんが私たちの到着より少し前より空調を調節したり、窓を開け放したりしてくれたんだって。どうもありがとうございます。
でも、でもね、やっぱり寒い。私も寒いけど、体調不慮Tesoroはもっと辛そう。
そこで、室内でなくて外席の方が寒くないですよ、とのことだったけれど外は満席。
では、中へ。昨日と同じ席へ。
でもここにいる白人のソムリエは早口の英語でまくしたて、兼ねてから苦手人物。
「レストランは空調調節は難しい、ある客は寒いっていうけどある客は暑いっていうし!」なんなんですか?「でも、窓ガラスが冷蔵庫みたいに曇ってるのは明らかに温度差が激しすぎるんじゃないですか???ストール巻いても寒いし、昨日白人のちょっとぽっちゃりしていたおばさんも腕摩ってたし、私たちだけが寒いわけじゃないと思うわ」と言いたいことはこの言いたいこと言う同士軽い論争に。
NさんはTesoroが具合を悪くしてしまった空調をなんとかしてくれようとしてくれて、今後St Regisでも空調の問題を話し合ってくれるそうだから次に行ったらきっと寒くないはず。
e0071409_11355382.jpg

アミューズ、味の記憶なし。
e0071409_11362391.jpg

ハーブとシーフードのパスタ。この日はとーっても美味しかった。
e0071409_11371198.jpg

前にランチで来た時ピザが美味しかったから、頼んだマルゲリータ。
お、おいしくない!あの時の感動の味はどこへ?
結局Tesoroパスタ半分食べて具合悪いと一人で部屋へ帰ってしまった。
体調悪いのにここで時間を過ごすのは辛い、気持ち悪いし横になりたいと。
この後、ロビーに用があるけど出来るだけ早く食べてロビー行ってお部屋に戻るからと言って別行動。
ひとり寂しくSt Regisで食事をするMiCETTAはTesoroと喧嘩でもしたと思われてたんではないか???
ま、状況が状況だったから仕方ないけど。


e0071409_11462854.jpg

バギーでロビーに行く途中で撮った写真。外から見たレストラン付近のサラ。
e0071409_11483374.jpg

e0071409_11485752.jpg

ロビー上の階から下の階にあるビミョーなオブジェ。
e0071409_11495561.jpg

下の階の素敵なソファ、喫煙席らしい。
この奥には一昔のちょっぴりダサイ(むしろない方がよいのではと思う)ビロヤード台。
ビリヤード自体はお洒落な球技だと思うけどもっと凝ったSt Regisらしいビリヤード台があればいいのに。
そしてその奥にはあんまり欲しくないお土産屋さん&デリ。
e0071409_11533611.jpg

e0071409_11543313.jpg

個人的には贅沢な装飾なのにガランとしててあまり好きじゃないロビー。
でも夜はライトアップのせいか若干昼よりは素敵。
でもあくまでも個人的な感想。このロビーが好きな人の方が多いはず。
e0071409_11565151.jpg

e0071409_1157201.jpg

e0071409_11592256.jpg

e0071409_1221830.jpg

e0071409_1231424.jpg

ボネカレストランとキングコールバーに張られた美しいテントに色の変わるライト。
個人的にWホテルを思い出して好き、こういうライティングも。
e0071409_2226432.jpg

夜のベッドルームの写真。バスルームとベッドルームは引き戸で開けられて繋がる仕組み。
でも今日はTesoroが具合悪くて死んでるから引き戸をそっと閉めて静かにバスタイム。
ちなみにこの天蓋(蚊よけ、チッチャのフンよけにもなる)はターンダウン班によって閉めてもらえることは一度もなく自分で開け閉め。
e0071409_2228125.jpg

夜はお水と、ジャスミンの生花がおかれてた。
というわけで明日はTesoronoの具合がよくなりますように。
Spero di cuore che il mio tesoro guarisca o stia meglio domani!
Bouna notte caro,ti do un grosso bacio di bouna notte.
Tu non avevi saputo che te l'ho fatto.Ti voglio tanto tanto bene!

by il-diamante | 2009-11-06 22:57 | Viaggio-Travel

9月22日 St Regis Kayu Putiと夜

e0071409_16342289.jpg

e0071409_16344294.jpg

St Regisのファインレストラン、Kayu Puti。
入り口はシェルのシャンデリアがとても素敵。
おしゃれしたくなるレストラン。
e0071409_16362913.jpg

レストラン内は白が基調の白人の別荘のようなイメージ。
コロニアル調?のようでバリらしさもちょっとあって、素敵なレストラン。
e0071409_17435524.jpg

まずはアミューズが出て来る。デザート?ってくらいの甘さ。
MiCETTAは甘い食事が嫌いだから一口でギブ。美味しいとか美味しくないじゃなくってただの好み。

e0071409_17453459.jpg

e0071409_17454560.jpg

長ーいパン、味が一個一個違うみたい。しかし、パンもあまり食べない人種なMiCETTA。だから美味しいとかよく分からない。
e0071409_17472461.jpg

e0071409_22543392.jpg

前菜は歯科矯正中を考慮して噛まなくてもいいもの。
そして胃に優しく消化しやすいスープ。
このスープ、とっても美味しい。
e0071409_1749214.jpg

caroは何かのスープ。覚えてないのよねー。
caroいわく「美味しいけどしょっぱすぎ」。
塩辛いものが好きなMiCETTAでもびっくりなしょっぱさ。
でもスパイシーさとか味付けはすごくいい。

しかし、このあたりから2人とも具合が悪くなってくる。
e0071409_17512359.jpg

MiCETTAの頼んだサーモンのメイン。
この味付けすっごく美味しい、ワインともあって文句なしに美味しい!!!
ワインはソムリエさんと相談してニューワールドからメルロー100%のイーグルホープ(だったと思う)
しかし、こんなに美味しいのに具合悪くなってきて美味しいから口に入れるのに
どうしても喉に通らない、飲み込めない。

e0071409_17543572.jpg

Caroの頼んだメイン。
こちらも美味しかったそう。だけど1キレしか食べてなかった。
同じく長袖のCaroも具合が悪くなって来て、喉に通らない、と言って残した。美味しいんだけど体調が...。
e0071409_22415529.jpg

とっても素敵なKayu Putiなんだけどとにかく冷凍庫ってぐらい寒い。
窓ガラスがこういう風になっちゃうくらい。
寒くてもレストランの空調は管理出来ないそうでキンキン。
ちなみにボネカも、キングコールバーも窓は冷凍庫状態で結露で曇ってた。
私はストールをCaroは長袖長ズボンだったけど、食べ終わるまで持たなかった。
寒くて、寒くて、と有能and優しいセールスNさんに伝えたら、ホテル側でも検討、対策してくれる
とのこと、翌日は窓を開けるなど対策を講じてくれた。
次に泊まる時はきっとこの寒さはなくなってると思う。

結局食事をほとんど残し、Caroが気持ち悪いし寒いというのですぐに部屋に戻った。
こういうときはKayu Putiの真ん前で良かったと思った。


e0071409_22484985.jpg

夜のヴィラもとっても素敵。うっとりの麗しさ。
でもCaroはダウンしてバタンキューだったから一人熱めのお湯に浸かったり
リヴィングでごにょごにょしたりしてた。
このヴィラは余裕の大きさだから二人でも全然平気。
寝ているCaroを邪魔することなく自分は自分で好きなことが出来る。
e0071409_22513212.jpg

ベッドサイドのランプ。シェルのデコレーションがうっとり感があっていい。
そんな一日、麗しいセントレジス、おやすみなさい。

by il-diamante | 2009-11-05 16:46 | Viaggio-Travel

9月22日 St Regisへチェックイン

e0071409_1340081.jpg

ゲートのところでフランジパニをくれた、前にランチに来た時はロビーに入るとき
だったけど今回はゲートへ。
e0071409_1435391.jpg

e0071409_14351732.jpg



うっとりシャンデリアとウェルカムドリンク。
St Regisのロビーってがらんとしてて個人的に苦手。
ゆとりがあるというのはまた違ってがらんとしてる。
この繁忙期で人が席にたくさんすわってるのにがらんってしてる。なんでだろ?

e0071409_1438377.jpg

e0071409_14382268.jpg

e0071409_14403884.jpg

e0071409_14405738.jpg

予約していたラグーンヴィラ。
一年プロモーションとか3泊すると1泊フリーとかいろいろキャンペーンが出てたけど
この連休は全て除外日、ヴィラの予約もやっとって感じでラグーンは満室だったみたい。
お部屋は文句なく素敵、贅沢であって品があって、広い。美々しいわー。
でも絶対嫌な場所でここにはアサインしないでって事前お願いした
KayuPutiの近くにアサインされてしまい...Kayu putiの前はちょっとした
島じゃないけど中州があってそこに人が来るんです、ザッツKayuputiの真ん前だし!
しかーも自分でタオル取りに行く形式の中州にはタオルスタッフもいないから
使い終わったタオルがぐちゃ〜とその中州のビーチデッキにあるのが視界ばっちりは悲しい。
部屋を変えてもらおうにも繁忙期マックス、他のワンベッドもよくなく、
2ベッドはワンベッドよいロマンティックさにかけるってことで結局KayuPuti前で我慢。
でも部屋はものすごくものすごく素敵。

e0071409_18532354.jpg

アンパッキングをお願いしたら、プールサイドのバレでリラックス。
でも人目が気になるからカーテン閉めましょう。
バトラーさんは部屋変更やらアンパッキングに気を取られたのかお部屋
の説明は一切なし。結局4日間何も誰も説明してくれず、何かあるたびに電話でこれって
どーするの?どこにあるの???と聞く感じ。もちろん日本語はスタッフには通じない。
でも優秀な日本人セールスのNさん、スターウッド系を回ってこられたOさんがいるから
困ったおきはいつでもかけられます。
ただ、日本語しか出来ないお客様は私たちのヴィラ変更の間、20分以上待っていらしたそうで
途中でOさんは「すみません、日本語しか喋れないお客様が私を20分以上待ってるので...
失礼します」と途中で急いで行ってしまいました。見てる限りでもかなーり忙しそう
最低限の英語は出来た方が良いホテル。まー、英語はへたっぴーなMiCETTAでも
ぜんぜん何とかなるから多くの日本人ゲストさんも余裕かと。
でも白人ソムリエさんとはかなーり話すの大変だったけど。

なんだかんだいって夜になったからささ、LEONに髪の毛をセットしてもらって着替えて
お夕食はKAYU PUTIへ。
とその前に美しい夜のお部屋のお写真を。
e0071409_193515.jpg

e0071409_1932083.jpg

e0071409_1933487.jpg

e0071409_1935266.jpg

つづく

by il-diamante | 2009-11-03 14:34 | Viaggio-Travel

9月22日 The club at the LegianからSt Regisへ

e0071409_11264626.jpg

e0071409_1127099.jpg

着いて翌日22日。BOSEのノイズキャンセリングヘッドセットを買ってから
耳(耳鼻咽喉系全て)がとっても弱いMiCETTAは体にも負担がなくなり
早く起きれるようになった。
この日はちょっと用があってかなり早い時間に起きた。
こんな感じでちょっと暗い時間。
e0071409_11342351.jpg

お部屋にあるうちわ。
なかなか素敵。お土産に買って帰った一品。
e0071409_1135715.jpg

昨日気がつかなかったウェルカムカナッペ(だと思う)。
蓋を空けたら美味しそうなものがちょこっと入ってた。
食べれば良かったけど、一日経っちゃったものだから写真だけとってごめんなさい。
e0071409_1137783.jpg

明るくなって朝ゴハン。
クラブは好きなモノを好きなだけ好きな時間に食べられる。
いつもはゆっくりお昼くらいに食べるけど、今回はタダでさえショートバケーション
プラス今日は移動だし、移動前にやることも多く、普通な時間に朝ゴハン。
e0071409_11393985.jpg

e0071409_11395081.jpg

お酒に合いそうなモノを朝食に。ワインとビールも共に。
クラブはアルコール全てフリー。
(ミニバーのハードリカーのみならずオーダーしたワインも
カクテルもモクテルもジュースもみんなフリー。でもワインとはグラスでオーダーした場合。)
朝からさくさく飲んだTesoro、濃いジントニックをするする飲み、ビールもするする飲んでた。
MiCETTAは赤ワインラヴだからワイン。
やっぱりクラブはいいわ。上品で洗練された重厚感のある雰囲気にさすがのフルバトラーサービス。
バトラーがバトラーという名のただのスタッフではないのはここクラブ!
ランドリーも飲みものもオールフリー。このエリアでは高く感じるけど
結局コストパフォーマンスが良い。クッキー数種類、おつまみ、チョコレート、
小腹が空くことないと思う。
e0071409_11491832.jpg

その後は急いで花屋さんで薔薇と蘭を、バリデリでシガーとワインを買って早急に戻る
もすでにセントレジスからのお迎えも来て遅刻ぎみ。
e0071409_1150519.jpg

かなりSt Regisの車を待たせてしまいようやくチェックアウト。
ささ、今回のメインSt Regisへサンセットロードの渋滞へ巻き込まれながら向かう。
つづく

by il-diamante | 2009-11-03 11:53 | Viaggio-Travel